自宅の屋根に設置する太陽光設備を受注生産しています

7月3日、経済産業省は旧式の石炭火力発電所を廃止する方針を表明しました。

 

経済産業省はさらに再生エネルギーを優先する供電ルールを発表しました。

しかし、問題は多くの方が気になるのは家庭の電気代のことだと思われます。

残念ながら現在、日本の再生エネルギー電力は国民一人一人で負担する仕組みとなっています。

つまり再生エネルギーが増える事で個人の負担が多くなります。

ただ、太陽光発電、水力発電などの再生エネルギーのコストはじょじょに下がっています。

個人負担金はしばらく増加しますが将来は減少していくと考えられます。再生エネルギーの発電コストが安くなったからです。

家計の負担を減らす上で最初に考えるべき事は現在、自分で負担している電気料金を減らすことです。

そこで有力な候補になるのが太陽光発電システムです。

太陽光発電を導入すれば多く方が自分で使用する電気を作る事ができます。 

ご家庭で作った電気を使用することにより、電気の自己利用分の料金の負担を減らす事は現在、ベストな施策だと思われます。

家の屋根、工場の屋根に自分専用の発電所(ソーラーパネル)を所有すれば、発電した電気は自由に使う事ができます。

今まで関心がなかった方も一度、太陽光発電の導入をご検討ください。

 

※弊社では多数の太陽光発電設備の生産メーカーとパートナー協定を結んでおり、受注生産が可能です。お気軽にお問い合わせください。

Facebookコメント