自家発電太陽光システムの投資

蓄電システムで卒FITユーザーに断然お得です。

 太陽光発電には2019年問題と話題になっていますが、単価が高いので 設置しても合わないですと声があります。

 2019年問題とは

  90年代にKWで100万円設置した余剰売電システムに2019年で買取価格は7円となる問題です。

  その数は2019年で56万件、その後増加し、2026年で200万件を超える数になります。

 

 卒FIT案件のユーザー3つの選択肢があります

  蓄電  家庭用蓄電池を購入し、太陽光発電でまかなえる電力を増やす。

  蓄熱  エコキュートなどに使う。

  売電  売電できる事業者に対し、相対・自由契約で余剰電力を売電する。

 

 家庭状況にもよりますが、停電にも安心使用できるような事を考えるなら、蓄電が一番ベストです。

 しかし、蓄電池システムが高いです。設置しても 元が取れないといわれています。

 売電と自家使用の差額で計算しましょう。

 日中電気料金平均 28円と計算します、売電価格は7円、差額は21円とします。

 電池の価格は10万円/KWhとします。使用回数は7000回です。

 単純計算すると 14.2円/KWhです。

 購入するユーザーは6.8円/KWhはお得です。

 

  停電しても、電気使用できます。

  各地の補助金制度を活用し、より安く設置可能です。

  まだ 海外蓄電システム情報ですが、量産効果と効率上昇により、さらにお得です。