2019年問題解決策

2019年問題とは

  再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度開始日は2009年11月、10KW以下の家庭用太陽光発電所は満期になります。

  全国合わして 28年まで

  なんと100万件です、その数は増えていきます。

  その太陽光発電案件はすべて自分使う事を考えなければならないです。

  

 太陽光発電技術の普及と蓄電池

 太陽光発電技術の普及にわたり、太陽光パネルの電気性能は40年以上も使用できます。

 蓄電技術の普及によりコストダンします。

 

固定価格買い取り制度は終了すると

すべての太陽光は 売る時代 から 使う時代 へ変化

 

そこにパワコン内臓型蓄電システムが開発へ

 パネルとこのシステムで家の電気を自分で作る事が出来ます。

 市電にも充電できますので、太陽光足りない部分は夜で溜まって昼を使用出来ます。

 年間10万円超電気料金が0円になります。