チャージコントローラー ソーラーパネル 50A 12V/24V ソーラーチャージャーコントローラー ソーラーチャージコントローラー 充放電 コンデンサ内蔵 30個セット

チャージコントローラー ソーラーパネル 50A 12V/24V ソーラーチャージャーコントローラー ソーラーチャージコントローラー 充放電 コンデンサ内蔵 30個セット

販売価格: 21,950円(税別)

(税込価格: 24,145円)

小売価格: 418円

在庫数 問い合わせください
数量:

商品詳細

  • 【チャージコントローラーとは】本製品(チャージコントローラー)は、ソーラーパネルからバッテリーを充電するために必要となります。 主な役割として、バッテリーへの充電と放電(使用)をコントロールし、 また、バッテリーへの過充電防止と、ソーラーパネルへの電流の逆流を防ぎます。 バッテリーへのソーラーパネルの蓄電池が充電されて最高電圧(満充電)に到達した時点で、充電制御器(チャージコントローラー)でソーラーパネルと蓄電池間の接続を電気的に遮断し、蓄電池保護を行います。
  • 【特徴】
  • ◆本製品(ソーラー コントローラー)は、小型システム用に設計されており、システムでのコストバランスもとれるように設計されています。
  • ◆充電状態やシステムエラーをLEDランプで表示、警告してくれるので、簡単に状況を把握できます。
  • ◆バッテリーへ効率的に完全充電します。 バッテリー充電温度補正機能を内蔵しているので、バッテリー負荷や劣化を極限まで軽減してくれます。
  • ◆回路保護機能として、過充電、逆電流、短絡、過電流、過熱、逆接、バッテリー過電圧遮断、サージ電圧保護などの機能があります。
  • 【防止機能】
  • ◆過充電防止:蓄電池の電圧には上限があります。 もし、バッテリーにソーラーパネルを直結すると、満充電になっても電圧が上がり続けてしまいます。 最大電圧を超えると、電池の正極が劣化をはじめますが、 チャージコントローラは、バッテリーが最大電圧になると、ソーラーパネルとバッテリーの回路を自動的に切り離して、過充電を防止してくれます。
  • ◆過電流防止:万が一、許容電流以上の電流が流れても、これを検出し遮断することで、回路の電線損傷の危険性を回避できます。
  • ◆逆流防止:常時ソーラーパネル側とバッテリー側の電圧を比較して、もしソーラーパネル側の電圧が低くなった場合には回路を切断し、バッテリーが無駄な電力を消費するのを防止してくれます。
  • 【使用上の注意点】
  • (1) . チャージコントローラーは、 湿度の高い場所で使用しますと、結露によって故障してしまう可能性があるので、 必ず通気性のよい場所に設置してください。 (2). 高温下(40℃以上)で使用しますと、チャージコントローラーの種類によっては、保護回路が動作して電流が流れなくなる場合があります。 また、温度センサー付きのコントローラーの場合も同様ですので、必ず高温時は直射日光を遮断し、本体が高温にならない場所に設置してください。
  • (3). チャージコントローラーの性質上、バッテリーとの接続がない場合には、コントローラーの出力端子には正しい電圧が出ません。 出力電力を計測する場合にはご注意ください。
  • (4). ソーラーパネル、バッテリー、ロードの接続順序を誤ると誤作動をまねく可能性があります。 必ず1.バッテリー、2.ソーラーパネル、3.ロードの順序で接続してください(取り外し時は、3.2.1.と逆に取り外してください) 。また接続時は、(+)(-)を間違えないように接続してください。
  • 【商品詳細】
  • ◆カラー:ブラック
  • ◆材質:プラスチック
  • ◆定格電圧:12V / 24V
  • ◆定格充電電流:50A
  • ◆定格負荷電流:50A
  • ◆動作温度:-20〜+60℃
  • ◆サイズ(mm):縦103×横95×高38
  • ◆電力供給停止電圧:21.6V
  • ◆電力再供給電圧:25.2V
  • ◆充電停止電圧:28.8V
  • ◆充電停止電圧の温度係数:-3mV/℃/cell
  • ◆ 重量(g):110〜140
  • <パッケージ内容> ソーラーパネル用 チャージコントローラー