お得な情報

12

 

 未発電太陽光案件に稼働期限

 この見直し案は

 2012年〜2016年まで経済産業省から認定受け、まだ 発電していない業者です。

 2019年度中に発電しなければならないです。

 2019年以後になると21円以下になります。

 その数 なんと 2352万キロワットです。

2019年問題とは

  再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度開始日は2009年11月、10KW以下の家庭用太陽光発電所は満期になります。

  全国合わして 28年まで

  なんと100万件です、その数は増えていきます。

  その太陽光発電案件はすべて自分使う事を考えなければならないです。

  

 太陽光発電技術の普及と蓄電池

 太陽光発電技術の普及にわたり、太陽光パネルの電気性能は40年以上も使用できます。

 蓄電技術の普及によりコストダンします。

 

固定価格買い取り制度は終了すると

すべての太陽光は 売る時代 から 使う時代 へ変化

 

そこにパワコン内臓型蓄電システムが開発へ

 パネルとこのシステムで家の電気を自分で作る事が出来ます。

 市電にも充電できますので、太陽光足りない部分は夜で溜まって昼を使用出来ます。

 年間10万円超電気料金が0円になります。

 

 

 

 

 

関連商品おお問い合わせ

フォノソーラー

 

 江蘇輝倫太阳能科技有限公司(「フォノソーラー」という)は、世界をリーデイングする新エネルギーソリューションのプロバイダで、 江蘇蘇美達グループ(「蘇美達グループ」という)に直属し、中国機械工業グループ(「国機グループ」という)の新エネルギーセクターの執行主体です。


 技術革新やブランド戦略の「二輪駆動」の下で、フォノソーラーは、絶えず川下産業チェーンまで効果よく延長し、且つ確実な横断型産業整合を実践し、新エネルギーソリューションのプロバイダまで進化できています。

 

 お客様にエネルギー供給、エネルギー管理、省エネ・排出削減 蓄電池システムを含む一括的エネルギーソリューションを提供することに取り組んでいます。最先端な科技成果を適時に転化し、住宅用/産業用システムとマイクロスマートグリッドシステム、世界範囲で成功した地上太陽光発電所の開発、投資、運営をもって、この目標を形にしています。

 

ブランドコアバリュー


安定性 国機グループと蘇美達グループの強力なサポートのもとで、フォノソーラーは、本当の意味での25年間製品品質保証を提供できます。

グループ内の各産業セクターの相互的支援で、効果よく新エネルギー産業の健全で、持続可能な発展を確保できています。


信頼性 フォノソーラーはずっと最高級の品質基準、最も厳しい品質管理フローを実施し、且つ持続的に最も優秀な製品を提供しています。


イノベーション 絶えざる製品のイノベーションとモデルイノベーションにより、フォノソーラーはお客様に柔軟性に富む製品やサービスを提供し、絶えずお客様の価値を向上しています。

 

会社のマイルストーン


1978年 | 江蘇蘇美達グループは、江蘇南京で設立

1997年 | 中国機械工業グループは中国北京で設立

2004年 | フォノソーラーは、太陽光発電業界に進出する第一陣の中央企業の一つへ

2008年 | フォノソーラーは120MW生産ラインの立ち上げを果たしました

2009年 | アップグレード・改造により、生産ラインの年間生産キャパーは120MWから200MWまで拡大

2010年 | フォノソーラーは、チェコ共和国国Veprek 35MW太陽光発電所の唯一な太陽電池モジュールサプライヤーへ | フォノソーラーは世界をリーデイングするレベルにある太陽光発電実験室は操業開始へ

2011年 | フォーチュン500位にランクインした国機グループ | フォノソーラー250MW自動化生産ラインは操業開始へ

2012年 | 国機グループ新エネルギー産業拠点と国機グループ中央研究院南京分院の設置を計画

2013年 | フォーチュン500位の326位にランクインした国機グループ

2014年 | フォノソーラーは、ブルームバーグ•ニュー•エナジー•ファイナンス(BNEF)太陽電池モジュール生産業者格付けシステムでTier 1として認定

2014年 | 国機グループがフォーチュン500にランクインしている

2015年 | 中国での太陽光発電所総開発規模が800MWを超えた

 

企業の責任


フォノソーラーは ISO 14001認証を取得できており、自社の活動による環境への不良な影響を最小限に食い止めることに取り組んでいます。


OHSAS 18000(労働安全衛生アセスメントシリーズ18000)を取得することにより、全体的な環境意識の底上げを果たし、且つ効果よく事故を管理することにより、社員や企業の利益を損なうことを回避し、我々は管理レベルを向上する同時に、会社の職業健康安全管理を強化してきました。


フォノソーラーはPV Cycle 協会の一員として、廃棄品太陽電池モジュールのために自らの意志で返却し、リサイクルするシステムの構築に取り組んでいます。 ここをクリックしてPV Cycle協会会員証書をダウンロードしてください。

 

 

 

 

 

Sungrow Power Supply Co., Ltdと は

全世界の太陽光発電プロジェクト向けの設備機器を生産しています。

主に系統連系型の太陽光発電インバータ、蓄電システムなどの製品があります。

1997年、曹仁贤によって設立されたSungrow Power Supply Co., Ltd. 太陽光発電業界で主要なグローバルメーカーの一社となっています。

従業員は1500名、内500名以上がエンジニアで技術開発を重視した企業です。ドイツ、アメリカ、オーストラリア、日本、タイ、インドなど世界各地に拠点を設立しています。

Sungrowは2011年11月、深圳証券取引所で公式に上場しました。(SZ:300274)。

SG JAPANの設立、メンテナンス会社、物流倉庫会社と契約し、日本での販売、サポート体制を強化しました。 Sungrowは継続的な変換効率の改善とコスト低減ソリューションでPV市場を牽引して、再生可能エネルギー産業の発展と世界の自然環境の改善に貢献します。

グリーン電力を通じて、人々の生活を豊かにする使命を果たします。

 

Sungrowの責任


より高品質な製品


より重大な責任

 生活環境を守るためにSUNGROWはクリーンで効率的なエネルギーの開発を行い、クリーンエネルギーを継続的に供給することで、生活環境の改善に貢献しています。

 同時に辺境の農村地区の教育現場や自然災害の被災地区に電気、寄付、物資の援助を行っています。

 SUNGROWの主催する小中学生向けのグリーンラボは好評で、若い世代に対して環境意識を芽生えさせるお手伝いをしています。

 社会的責任において公共の福祉活動に力を入れています。

SunManとは

製品は10年保証。出力は業界トップクラスの25年保証。

長期間の「安心」をお客様にお約束します。

最初の10年は製品・出力の両方を保証し、最も不安である出力について25年のロング保証のリニアパワー保証だから「安心」です。

初年度1年間における最大出力の下限値は97%以上、それ以降年間の出力低下率0.7以下を保証します。


25年後も80.2%以上の出力保証で「安心」です。


構造物形状、耐久・耐震性など各種要因により施工が困難とされてきた屋根や建築物に対して、求められるニーズに応える単結晶セルを用いた超軽量、セミフレキシブルな画期的な太陽光パネルが登場しました。


SunMan 太陽光電池モジュール『eArche(イーアーク)』は、いままでにない全く新しい太陽光パネルとして、創エネ分野に革命をもたらします。

 モジュールの技術更新により 太陽光発電はさらに低コストなります。現在のシステム費用は、約30万円/KWで欧州の2倍です。

 現状コスト高いの原因

  1、過剰な流通構造で輸入と販売は3倍の価格差。
  2、日本特有の災害対応や土地環境による工事・架台費用の増加。
  3、施工工法などが最適化されてない。

 弊社は直輸入より、過剰な流通構造なくす、架台会社との連携で仮組架台提供により 最適化の施工工法を目指します。

超耐性候

安全防水、耐酸、耐アルカリ、耐アンモニア、優れた放熱性により30年以上の安心を約束

  

PID現象なし

フレームレス設計によりPID現象を0%

  

クラックの心配なし

 運送条件、設置条件によりモジュールの変換効率に減退がなし

  

防火機能Aレベル

バックシートの変わりに強化ガラスを使用することで、アークやホットスポットによる火災の危険性を排除、屋根設置に最適

  

長期の品質保証を現実

 製品の仕上げと部材は10年保証

リニアパワー出力30年保証

  

メンテナンスが容易

雪やほこりが溜まりにくいフレームレス設計

 

スマートなエネルギー生活を、始めよう。

住宅・店舗など リチウムイオン蓄電システムです。

 蓄電池システムの紹介する 

1、太陽光発電や燃料電池と蓄電システムが連系すればエネルギーの自供自足も夢ではありません。

2、3時間で満充電する。

3、いつでも最大3KVAの高出力です。

4、停電時もいつもどおり太陽光発電が使用できます。

5、停電時も家中のどの照明も紺セットも使えるので安心。

6、蓄電地の残量設定する事で安心です。

7、深夜の電気を自動的にためて、電気代も削減です。

8、ピーク時の電力使用を減らす事で電力供給の負担を軽減し、環境に優しいです。

9、自家使用優先タイプと売電優先タイプを設定できます。

10、電気の利用状況をリアルタイムで表示します。

11、設置や設定はすべてお任せ、工事期間は約1〜2日です。

 

 カタログの請求はお問い合わせメールにてお願いします。

 各地 設置業者を募集しております。

 

 

 

 

太陽光発電の問題

ピック電力がカットされ、発電量が減少

低PF時の発電ロスが発生

系統が不安定になる

連系費用が高く、初期費用が増える

不安定の電力なので、飽和状態になる可能性がある

その問題解決するには蓄電池システムソリューション

太陽光電力は

日本2030年まで電力構成の訳15%達成予定

中国2030年まで電力構成の約50%達成予定

以上の資料sungrow社の資料により作成しました

 PK10垂直型風力発電機


概要
本文は主に小形垂直軸型風力発電機の種類、各種類の小形垂直軸型風力発電機のメリットとデメリット、小形垂直軸型風力発電機の設計思想、小形垂直軸型風力発電機の主要パラメータの関連性と発展方向を紹介するほか、垂直軸型風力発電機簡単を紹介する。
小風車の回転軸が地面に対して垂直となるタイプで、設置·メンテナンス時の扱いが容易になります。またどの方向の風も利用可能で風向きに対する依存性がありません。季節や時間帯で風向きが変動する、日本独特の風況に向いたタイプと言えます。国内外の各垂直軸型風力発電機の製造業者が採用している研究開発手段と研究開発工具が異なっているため、研究開発技術のレベルがバラバラで、いろいろ外観の垂直軸型風力発電機があって、多数の商品の性能は水平軸型風力発電機と比べ物にならない。それで、主要な風力発電機生産業者(大型水平軸型風力発電機生産業者)は垂直軸型の生産を行ってない。これが原因で、消費者は垂直軸型風力発電機に対し誤解を抱いている。ただし、従来の水平軸型風力発電機が比べ物にならない優位を持っているため、もっと重視されてきている。近年では、多くの人が伝統的な観念を捨て、この業界に飛び込み、研究開発し始めた。


1. 垂直軸型風力発電機の現状
 垂直軸型風力発電機は低回転と起動トルクが大きい特性を持っている。翼端速度比は出力が同じの水平軸型風力発電機と比べ低いだが、ローターの重量は出力が同じの水平軸型風力発電機と比べ大幅に重い、また水平軸型と比べ回転慣性モーメントが大きい、まだ、垂直軸型風力発電機は無騒音と安全などの使用上メリットを持っているほか、風速が変わる時回転速度は急激に変わることがないため、電圧と出力の波動は相対的に緩やかで、送電網への影響が弱いメリットを持ってある。それで、スタンドアローン型風力発電機として都市、ビル屋上、通信、屋外広告、島、田舎発電所、油田採掘機器等、風資源が豊かな地域で採用できるだけではなく、グリット接続システムを建設することもできる。


2.垂直軸型風力発電機の種類
 現時点では、まだ抵抗力型と揚力型二種類の垂直軸型風力発電機が応用されている。

2.1抵抗力型垂直軸型風力発電機
 典型的な抵抗力型垂直軸型風力発電機は以下の図2-1、2-2、2-3のようになっている。特点は、起動性能が優れて、低回転だが、デメリットは風能の利用率が低いことで、空気力速度制御機能が実現できなく、台風に弱いことがある。この風力発電機の適合場所は少なくて、長年風速が低くて風エネルギー利用率に要求が低い、また台風がない地域だけで使用可能となる。
 

   
 
 
 
 
 
 
 
2.2 揚力型垂直軸型風力発電機
 揚力型垂直軸型風力発電機はダリウス型と直線翼式型であります。ダリウス型のブレードの翼幅が短く、2~3枚のブレードがあって、起動性能が悪いので他の方法で起動する必要がある。最大な欠点はブレードの連結構造で、空気力速度制御が実現できないことである。これで、強風の環境下では運転できなくなり、運転すると解体の恐れがある。グリット接続型として採用すれば、応用範囲が狭い。ただし、タワーの建設が不要と、本体の構造が簡単で、コストが低いメリットを持っている。
 直形ブレード直線翼式型で、図2-4、2-5、2-6のようになる。直形ブレード直線翼式型風力発電機は設計が適切であれば、空気力速度制御機能が実現でき、速度超過制御の目的に到達できる。ただし、この種類のブレードと主軸の連結方式が多様で、ブレードを主軸に取り付ける方法により、ローターは異なる力学と空気力特性を持つことになる。
 A類はブレード両端と主軸が平行に接続されている(図2-4)。この様に、ローターのブレード両端は主軸と平行に接続されるので空気力性能が優れている。ただし、主軸が長いので、受ける曲げモーメントが大きくて、ローターの力学的の特性に不利である。
   
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 B類はローター主軸を最低限に短縮して、ローター主軸はただ発電機主軸の突き出る部位となっている。図2-5のように、ブレードを接続する部品は偏って発電主軸と接続している。主軸が短いので、主軸が受ける曲げモーメントが一番小さくて、主軸の荷重が小さいため、主軸の設計が簡単になって風力機の重量とコストのダウンが出来る。ただし、ローターが回転してからは、ローター内と外、及びローター内部各点の空気圧差が違うので、上と下が“開いている”ローターは、ローター内と外の圧力差の損失につながるが、圧力差は揚力型垂直軸型風力機がモーメントを得る重要な要素である。このような風力機は空気力効率を犠牲して、力学的構造を最優先にした。これで、ブレード、容積比、ブレード枚数など各要素が同じの場合で効率が低いのである。
 C類は主軸をブレード長さの約1/2に短縮した(図2-6)。この様なローター構造はローターの空気力性能と力学的構造を両立できた。もし他の手段を取り入れて、ローター回転時のローター内外の圧力差の損失を削減できれば、ブレードの両端と接続する垂直軸型風力機とほぼ同じ空気力効率を得ることが出来る。ほかにも、力学的の性能も優れて、最も商業化に適合する。
 第三種の揚力型は変形した直線翼式型垂直軸型風力機、即ちティルトローター方式垂直軸型風力機である。図2-7のように、風力機の“死点”を除去し、且で高速回転のとき抵抗力を低下させることが出来る。ただし、このような風力機は、各水平方向の断面のモーメントが小さいので、ブレードの翼幅が短い時、起動には高速の風が必要となる。また、このような風力機のブレードの接続方式の原因で、ブレードの迎角を変えることが出来ない、それで空気力速度制御機能を加えることは出来ない。通常は抵抗器を取ることで速度超過を制御する。そのため、百ワットレベルの風力機に適合するだけで、中大型に発展するには難しい。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2.3 混合型垂直軸型風力機
   混合型風力機はサボ二ウス抵抗型ローターをダリウス揚力型ローターの中央に置いて(図2-8、2-9)、ダリウス型の起動性能を向上する目的を果たすためである。ただし、サボニウスのローターの最適な線速度は風速の1/3である。それで、この様なローターの効率を決める主要な要素はダリウス型ローターではなく、サボニウス型ローターとサボニウス型ローター直径とダリウス型ローター直径の比の値で決められ、比の値が1に近づくと、その効率はサボニウス型ローターの効率に偏るが、この比の値が小さ過ぎると起動性能を向上する役割は失う。ローターには空気力速度制御機能を加えることが出来なく、利用可能の風速範囲が狭い。メリットは構造が簡単でコストが低いことである。

 上記揚力型垂直軸型風力機のブレードの取り付け角度(ブレード翼弦線とローター接線との夾角)はほぼ固定されている。取り付け角度が固定された揚力型風力機は、ほかと比べ構造が簡単で、コストが低いだが、空気力速度制御機能の実現は難しく、発電する風速範囲が狭い。速度超過を制御する目的を果たすため、利用可能風速範囲を拡大し、既存小形揚力型垂直軸型風力機は大体抵抗器を撤去するか短絡方式で速度超過制御を実現している。大量の風洞実験を通じてわかったのは、抵抗器を撤去、或いは短絡方式を利用するのはある程度の風速と百ワットレベルの垂直軸型風力機に適用する。高速風と大型垂直軸型風力機の時は、抵抗器の撤去と短絡方式は速度超過制御に適合しない。
 図2-10は受動可変迎角式の小形垂直軸型風力器である。“受動可変迎角”技術とは、ブレードの取り付け角度はある範囲内で受動に変化されると言うことである。受動可変迎角式垂直軸型風力機は水平軸型風力機の可変ピッチ機能と同じで、垂直軸型風力機の効率が実現出来た、速度超過制御機能も実現する。この技術は垂直軸風力機の発電可能風速範囲を拡大し、KWレベルの垂直軸風力機の速度超過制御に採用でき、KWレベルの垂直軸風力機の商業化応用価値を大幅に引き上げ、垂直軸風力機の商業化のため足固めた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.4 垂直軸型風力機のブレード枚数、容積比と起動性能
   直形ブレード式直線翼式型垂直軸型風力機のブレード枚数は通常2~5枚で、さらにもっと多い場合もある。ただし、ブレード枚数は機能性能を影響する重要な原因の一つである。ブレードの枚数が少ないほど、起動時垂直軸型風力機の“死点”位置が多くなる。2~3枚のブレードを持つローターの“死点位置が一番多く、4枚の時は少なくて、5枚の時はほぼなくなる”。“死点”とは、ブレードがローターのある位置にあるとき、風力がどのように強くても風力機は自動で起動できないことである。その原因は、この位置で、気流がブレードにかけるトルクはブレードを回転するには足りないためである。ただし、多いブレード枚数は容積比を上げることになるため(垂直軸型風力機の容積比はブレード幅の合計/ローターの円週の長さとなる)、容積比が高くて一定の数値に到達すると、ローターが回転するとき、前のブレードより産生した乱流は後ろのブレードに影響を与え、風力機の効率が低下し始める。ただし、低い容積比は無負荷の時は速い回転が出来るが、負荷能力が悪い。
 直線翼式型直形ブレードから図2-11のような二重直線翼式が派生した。二重直線翼式は風力機の容積比を向上することになり、起動性能の向上が出来た。二重ブレードの直線運動と回転運動時の空気力特性は大きく違う。内側ブレードの乱流で、外側ブレードの空気力性能に影響を与え、高速回転時の効率を低下させることになる。また、二重直線翼式風力機の内側と外側ブレードの翼端速度比が違うため、このタイプの風力機の効率に影響を与える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.5垂直軸型風力機の制動
風力機が低速風で起動可能と言うことは、大きいトルコを持っていることになる。それで、風力機のブレーキはそれに応じての大きい制動モーメントが必要である。一級ブレーキ装置を採用する垂直軸型風力機にとっては、制動モーメントは耐風速での風力機の静止モーメントより大きい必要がある。第一級ブレーキの安全風速に到達時の制動を考え、ブレーキをかける時間は3分以内に抑える必要がある。それで、二級ブレーキ装置を採用する垂直軸型風力機の場合は、制動モーメントは初期安全風速時の風力機モーメントの約1.5倍にすると適合である。制動モーメントは徐々に最大モーメントに増加することで、風力機の機械構造を保護する必要がある。第二級ブレーキは安全ピンとして、風力機が停止後回転を制御する。
 


 
3. 垂直軸型風力機の発展方向
現時点で、多くの垂直軸型風力機のブレード翼弦線とローター接線との夾角は固定されている。垂直軸型風力機ローターは回転過程でブレードの各位置での空気力特性が違うため、理論的には取り付け角度を固定する垂直軸型風力機の効率は水平風力機より効率が低い。このため、リアルタイムで攻角可変の垂直軸型風力機は未来への発展方向になる。
 図3-3は油圧技術とステッピングモータを利用して、ブレードの取り付け角度をリアルタイムで調節する垂直軸型風力機である。風速計、風向計、エンコーダーを利用して、風速、風向、風力機回転速度、効率によって、ブレード取り付け角度をリアルタイムで調節することが出来る。このような技術を取り入れたローターは空気力特性がよく、効率が高くて、発電風速範囲が広いほか、風速の変化は送電網に与える波動の影響が小さいため、MWレベルの垂直軸型風力機への応用に適合する。