ハーフセルのパネルなぜ0.5+0.5>1

 セルの電圧と電流が少ないため。モジュールはセルを直列して、必要な電圧と電流を達成します。一般的モジュールの実際効率<セルの合計理論効率。

 1、セルの効率が上昇し、電流は9A前後なりました。電流が高くなると、バスパーにより熱が発生し、損失が大きくなります。ハーフセルもモジュールはセルをパスバーの垂直方法で半分切る物です。セルの面積が大きいほど、電流が大きいです。ハーフセルはパスバーに通過する電流は1/2になります。ハーフセルを直列し、±の抵抗は変更なしで、効率損失は従来フルサイズセルの1/4です。

  より 同じ変換率セルに

 フルサイズとハーフカットのモジュール比べると15Wの差が出る(60セル単結晶の場合)

 2.モジュールの設計

   ハーフカットにすると 電流は1/2,電圧は変わらないです。通常パネルの直列すると 電圧は倍増加する。

  このような問題を解決するため、ハーフセルのモジュールは直列ー並列構造です。上下2枚のもモジュールを並列するイメージです。

  この構造により、120ハーフカットモジュールは通常のモジュールの電圧と電流は大きく変わらないです。システムコストが削減する事が可能です。

 

  3、なぜ直列-並列の構造で、モジュールの発電性能があげます。

   影はパネルの出力を影響されます。

   通常のパネルは直列3回路で構成しています。60セルのモジュールで1回路20枚のセルとします。だから20枚中一枚光を完全遮断すると、効率損失は全部の35%です。

   ハーフセルの場合は上下3回路、合計6回路構造になっています。ハーフセル一枚にすると17%、上下半分しても49%損失です。

   前後設置近く処には 年間5%〜10%発電効率がUPすると予測しています。